令和3年度デジタル活用支援推進事業

オンライン研修協力者募集

 

(2021/06/23 本ページの名称を修正しました)

 


現在デジタル活用支援推進事業がスタートしています。

ニューメディア開発協会では、この事業の講師となる

デジタル活用支援員を養成する講座の開催を計画しており、

IDNにも協力の要請が来ています。

下記の内容でご協力いただける方を募集します

なお、本講座はデジタル活用支援員になるためのものではありません

 

デジタル活用支援オンライン研修、講師・アシスタントの募集

この講座は、デジタル活用に不安のある高齢者の解消に向け

支援の担い手となるデジタル活用支援員を養成するために

教え方を指導する講座です

(操作方法を教える講座ではありません)

この養成講座での講師、アシスタントとして協力してくださる方を募集します

 

対象となる受講者はデジタル活用支援推進事業の公募に

応募採用された地域のさまざまの団体の構成員で

一般の会社員からシニア団体までパソコン、スマホの利用に

自信のある方々と想定されます。

そのため、養成研修の講師、アシスタントに応募される方は

それなりのスキルが求められます。

おおむね下記内容をご確認ください(応募要件)

1.     シニア情報生活アドバイザーかつスマホタブレットアドバイザーの方
IDN会員であることが望ましく、採用時にはご入会いただきます)

2.     Zoomミーティング主催・講師経験のある方

3.     Zoomミーティングでのチャット利用に問題のない方

4.     OSAndroid10以上のスマホを現在所持し、
3
機種以上の利用経験のある方

 

※研修受講者数によりアシスタント数は変わります(1~4名)
※協力者に登録されても講座で講師、アシスタントになれるかは保証できません

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

講師とアシスタントの役割

講師は全体を総括します

アシスタントはブレイクアウトルームを指揮するほか

ロールプレイによる模範演技、参加者の確認、質問回答等を行います

 

 


 

 

現在協力者の募集を中止しています

 

 

クリック

 

 

 

 

デジタル活用支援オンライン研修の概要

講座はZoomを利用して実施します

・試験はロールプレイング及び実技試験(利用技術の確認)を実施します

・主に教え方の指導スキルや接遇スキルの向上に重きをおいた教え方を学習します

・受講対象者は地域連携型の講師となる方々です(下記参考資料参照ください)

・一単元3時間×2回の講座と1時間半の試験

・IDNは基本的にAndroid OSでの講座を実施します

 

【講座内容】

高齢受講者への接遇のほか

ⅰ 電源の入れ方・ボタン操作等

ⅱ 電話のかけ方・カメラの使い方

ⅲ インターネットの 使い方

ⅳ メールの使い方

ⅴ 地図アプリの使い方

ⅵ LINE など SNS の使い方

※操作ではなく、注意点など教え方を中心とした講座です

 

【試験内容】

・ロールプレイング 講師として模擬講習をしていただく

・実技試験     ごく簡単なスマホ操作の確認

 

※この講座の受講者を募集しているのではありません

 この講座の講師・アシスタントになるものを募集しています

 




 

クリック

 

 

デジタル活用支援オンライン研修

講師・アシスタントのページ